シータ(Xtheta)の手数料が高い理由|シータとザイフを比較|シータ仮想通貨ニュース

シータ(Xtheta)の手数料が高い本当の理由|シータ仮想通貨ニュース

シータ(Xtheta)の手数料が高い本当の理由

シータ(Xtheta)は手数料が高いと言われています。

シータの手数料は5%と、ほかの取引所で手数料が安いZaifのマイナス手数料と比べると圧倒的に高い気がしますよね。

今は取引所も多く、集客のために手数料を安くしている取引所も沢山あります。

ではなぜ手数料が高いと不利なのに5%も取っているのか?

シータの場合は、決してお金儲けというところではなく、サービスの維持費にかかってしまうからです。

分かりやすくZaifと比べてみましょう。

f:id:tradetracks:20180404154439j:plainf:id:tradetracks:20180404154508j:plain

 

シータ(Xtheta)とZaif比較

f:id:tradetracks:20180404154439j:plain

Zaif

取扱銘柄:★★★★★

サービス:★★☆☆☆

手数料:★★★★★

セキュリティ:★☆☆☆☆

情報提供料:★★☆☆☆

手軽さ:★★★☆☆

総合点:18点/30点

f:id:tradetracks:20180404154508j:plain

シータ(Xtheta)

取扱銘柄:★★★★★

サービス:★★★★★

手数料:★☆☆☆☆

セキュリティ:★★★★☆

情報提供料:★★★★★

手軽さ:★★★★☆

総合点:24点/30点

f:id:tradetracks:20180315115008j:plain

まとめ

いかがですか?シータは手数料が高い代わりにほかの項目はほぼMAXですね。

セキュリティ、サービス、情報提供などに力を入れているから手数料が高めなのです。

Zaifは手数料が安いからというわけではありませんが、システムトラブルにより一時、ビットコインが0円で10億BTC売りに出された事件などがありました。

今回お伝えしたかったことは、手数料が高い=ダメな取引所ではないという事です。

手数料が安くてトラブル起きやすいところと、手数料高いけどサービスもセキュリティもいいところ、あなたはどちらを選びますか?